ちょっと良い事ありますように 西実 ロード BR1

西実 ロード BR1

結果、実質最下位で完走。

前日、教授の還暦のお祝いがあり顔を出したため、午后8時ぐらいに出発。
今回は寝付きの悪くなるコーラを飲まず、カフェイン無しのソウケンビ茶で4時間運転。リンドバーグを聞いたときは成績が良いのでこれ。
12時ぐらいに着いて、車中泊。きちんとマットレスから布団といつもの枕、普段と変わらない就寝。
朝5時ぐらいから、係員が門の前で話すから起きてしもた。

適当にアップするが、何故かみんな並び出す。40分前ぐらい?
最後尾からローリングスタート、もうみんな前に行くので必死やな。
中盤中程で最初のカーブに入る。ライン取りだが、なんでみんな、アウトインアウトしないの?
今回、誰かババビキしたみたいで1週目からばらけてるのに。
いつも長く感じる坂が短く感じたような。M村さんに向かれる時に励ましてもらう。
かなり強烈に速い奴がいて、集団バラバラになってると思い、自分の足に合うパックを集めながら三段坂。
今年は初めて、此処で人を抜いた。かなりの成長である。しかもBR-1でだ。ERでもこんな事は無かった。
此処でいつも終わるのに。

そんなこんなで、ひかない様にして2周目、コントロールラインではLILIYさんの応援、行けや!みたいな大笑いしてる。10人ぐらいのグループでのんびり走ってる。三段坂も遅い人を抜いて行く私。どうかしたのか?
ここでM村さんを抜かす。僕も声をかける。

3周目淡々と走ってるが、三段坂でブレーキがかかる。登れない。いつもの俺に。此処から一人旅。最後の坂でピストの選手からまた、何してるの?半分マジな顔で聞かれる。 此処で女子のトップの選手に抜かれる。下りで抜き返して、ゴールに絡みそうになったので、スピードダウン。やめたいと俊パパさんに言うと走れ!って言われたかな?彼女たちのゴールスプリントを見届けて。トップからの時間差を見ると9分。やべ4周目15以内に帰ってこないと足切りじゃん。で必死で走る。ピストのポイントを得意としてる大学生に追い抜かれたのでこの子について行く。1周目で軽々抜いた子なのに。金網トンネルで12分、次の坂で足がつるが仕方なく登って行く、でも諦めない。彼において行かれる。最後の坂で14分。ラストスパートだよ。W ゴール前も全力でコントロールラインでは、ハンドル投げたよ。W 15.00秒。足切り寸前。LILYさん大笑いしら~。

そこからも、5%ルールとかあるかもしれんから、全力で走って行く。遅いけど。W シルベストの子が機材トラブルで止まってる。この子がいなかったら、完走者のうち最下位は俺だろう。W?
ゴール前に来ると、ERの人達が並んでいて、コースを走れないので仕方なく自転車を担いで(得意か?)コースの外に出て、また戻ってスプリントだぜ でゴール。 ブービー賞かと思ったら、もう一人コースを塞いだ所を真っすぐ行って止まっていた人がいたみたい。ベベから3位。すごい。

最高に楽しかったよ。此処まで諦めない自分がいたなんて。まわりからも粘ってたと言われたよ。


初めてのBR-1のレース。TRもERも経験したが初めてである。BR-1はもう上位の選手層はTRと変わらんので、完走は無理だと初めから、諦めてたが、レースになったら最後まで諦めなんだよ。何か、今年は心が折れない様に誰が力を貸してくれてるみたいな感じがする。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © ちょっと良い事ありますように All Rights Reserved.