ちょっと良い事ありますように ラクビーの始まりを再現した少年サッカー時代
FC2ブログ

ラクビーの始まりを再現した少年サッカー時代

備忘録にと。

最初に出た小4だけ新人だけの試合。
京都教育大学附属小学校で行われ、相手は紫光?(パープルサンガの元になったチーム)の少年サッカーチームだったと思う。
顧問が紫光クラブ出身だったので行われたと思う。
センターフォワードで、出たと思う。
ボロ負けしたことしか覚えてない。
このチームと試合することは、もうなかった。

レギュラーになったのも小4の秋ぐらい。
初めて出た試合が、朱雀第二小学校で行われた試合。
センターバックで、あまりにも興奮していて、ペナルティーエリア内なのに、シュートを胸でトラップするつもりが、ドッジボールのようにがっちり両手でつかんで、走り出しそうになっていた。まるで、ラグビーの始まりのような話。もちろんPKですわ。点入れられますわな。
試合終わった時に、先輩にあれがなければ、勝ってたかもと言われて、反省する。1−2で負けたような。

なぜか、マネージャー兼選手をやらされていた、ひょっとしたら副キャプテンまでさせられていたような。人がどんどん辞めて、ついには、キーパーまで辞めてしまって、最後は一番走れる自分がキーパーか。W

紫明小学校で、比叡の二軍との試合、試合の相手チームに一年上の親戚の子がいて、その子がフォワード、自分がバックスなのでついていたら、もうしつこいって笑ってたのを思い出す。本当に優しい人で、遊んでいる時も自分をよく守ってくれたけど、今はその子は自殺してもういないんだけどね。

公式戦で宝ヶ池のグランドでの試合。
比叡と言う強いクラブチームと対戦。比叡といえば、紫光クラブに続く京都で1番か2番を争うチーム。
自分のチームは、どんどん部員が辞めていって、紫光の顧問の先生も違う小学校に行ってしまい、ボロボロの状態で、センターバックで走り回っていたが、点を入れられすぎて、審判が終わりに比叡が何点取ったか覚えられずで、比叡にチーム員に何点入れたかを聞いてたぐらいなので、多分ラクビーの点数みたいな差だった思う。20対0ぐらい?
そんなん、関西選抜の奴が二人いて、クラブチームやから小1から鍛えられてるし、普通無理やん、なんで一緒のカテゴリーにおるかわからんとおもてたけど、3年以前の自分のチームがめちゃ強かったんの思い出した。

その後、その関西選抜の子達と中学でサッカーするんだけどね。関西選抜の子が、お前は才能あるからと言ってくれて、一緒に高校に行ってサッカー部に入って、全国目指すんだとか言ってたけど、俺だけ違う高校に行くんやね。どないやねん。自分で行く高校を決められない時代やったしね。


練習中に水を飲めないのが辛すぎたのも覚えてるな。

練習でフォーメーションという、キーパーとバックスは守り、フォワードとハーフの選手は攻めで、試合形式で練習するのだが、4人守り7人で攻めるんだが、点がなかなか入らないので、得点力ないのも問題あるなとおもてた。
1−3−3−4 めちゃくちゃ攻撃的なフォーメーションですな。ハーフが守りに走って帰ってきてくれないし。W
自分なら 1ー5−3−2 守備重視でカウンター狙いで、自分か足の速い奴を中間におけばよかったんちゃうかな?


マネージャーだから、バスの時刻を調べてきたんだが、間違えて2kmほど、部員を歩かせてしまったり。

梅津北小学校での試合で、かなり遠い小学校なのに同じ小学校の女の子が応援に来てたけど、誰目当てやったんやろね、多分、一年上の先輩だと思う。

今は向日町競輪場の駐車場になってるグランドで練習試合があり、お弁当を向日町競輪場の競輪場を見渡せる高いところで、みんなでお弁当を食べたんを覚えてるな。ここは自分とはかけ離れた世界とおもてたな。
その十二年後、初めてバンクに入っての国体予選の余興のロードの1kmTTの部で優勝したことから、ここのバンクを走るようになるとは思いもしないだろうな。その時はピストの優勝者と8秒ぐらい違ったので、才能ないと思ってた。
試合はヘッドスライディングするぐらい、テクニックがあるチームでボロ負けしてたな。
この移動の時、後輩が、焦って地下鉄の入り口とプラットフォームの間に足を突っ込んでこけてしまい、足がなかなか抜けなくて、マジかと焦ったことも思い出すな。この子の兄や姉がいたころ伝説になるぐらい自分のチームが強かったらしいのだが。


鳳徳小学校の試合は、隣の小学校なので、友達も見に来てくれたんだが、やっぱり負けてしまうんだな。
友達が悔しいから、プールに水に入れたら何倍にも大きくなるワニのおもちゃ入れてきたわ、ってそんなことしなくていいんだよと心の中で思ってた。

上高野小学校の試合で、コーナーキックをゴールポストに直接ねじ込んだ川村くんも忘れれんな。
この試合は、ひょっとして勝ったかも、多分同点だろうな。


勝った試合を一つも覚えてないのもすごいな、連戦連敗、勝ちしらずだな。


入部して初めて近藤先輩にサイドキックを習ったのも記憶にあるな。優しい先輩だった。

本当は、負荷が多すぎて辞めたいと思ってたが、父が一度やると決めたのなら、やり遂げなさいと言われたので、やり続けていたな。俺辞めたら、チームが崩れるみたいな感じもあったかも。でも中心人物でなく、縁の下の力持ちみたいな感じだったな。どちらかというとサッカー嫌いになってた。

多分、上高野小学校でのゴールキック オフサイドラインが下がるので、キーパーに蹴って欲しかったが、多分、調子良ければ、相手側の真ん中ぐらいまで蹴れる時があったから、自分が蹴ってたような
fc2blog_20180629232412c0e.jpg


コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © ちょっと良い事ありますように All Rights Reserved.