ちょっと良い事ありますように コーナーリングの加重についての考察

コーナーリングの加重についての考察

結論
コーナリング時に重心を上下に移動さすとスピードを少しだが抑えたり伸ばしたりできる。

コーナーリングの前半は重心を倒し込んで行く為に重心がさがり、一定の出力があればスピードが上がります。小さな坂を下って行く様な感じです。
コーナーリングの後半は重心を起こす為に重心が上がり、一定の出力があればスピードが下がります。小さな坂を登って行く様な感じです。
これらは競輪場を無意識に周回している時のログから判ったのですけど、まあ私が一定の出力を出してるかは、見逃してください。

この関係から、積極的に体の重心を動かすことによって、スピードのコントロールに少し役立てる事が出来ると思います。

コーナ-リングの時にスピードが乗りすぎていたら、上体を上げて重心をあげていく動作が、スピードを抑える。重心の動いた距離の坂を上って行ってる感じでしょうか、それに空気抵抗も増えるので、確実にスピードは少し抑えられるでしょう。
コーナ-リングの時にスピードが乗ってなくペダリングも出来ない時は、出来るだけ体を小さくする動作が、スピードを下げささない方向に働く。 重心の動いた距離の坂を下って行ってる感じでしょうか、それに空気抵抗も減るので、確実にスピードは上げられるでしょう。

そして、重心の上下だけでなく左右や前後ろの動きも考えれば、もっと最適なコーナーリングが考慮できると思う。

まあ、測定値を出して考慮してない、いい加減な推測なので、話半分で御願いします。W

コメント

 
中々興味深いですね。

概ね、ご指摘の通りだと私も思います。
ロードの場合はペダル位置や腰の位置も
或る程度の影響が有ると思います。
それらは虹パパさん説に色を添えるファクターになるのでしょう。
なるほどペダルの位置はかなり重要になってきそうですね。重量のある足の位置でも、重心が変わりそうですね。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © ちょっと良い事ありますように All Rights Reserved.