ちょっと良い事ありますように 自転車選手の薬物違反(ドーピング)に関して。

自転車選手の薬物違反(ドーピング)に関して。

今回薬物違反になったのは、元自分が所属していた岩井商会レーシングの伊藤信さんなんだ。

びっくりしました。一緒に全日本のチームスプリントとか走ったり、遠征とか食事に行ったりとかした仲なので。

他の選手の仲間の奥平とか小谷とか、ほんまドーピングには気をつけていて信さんも気をつけてたと思うんですけど。

今回は気管支を広げる作用がある禁止薬物のツロブテロールが検出とされてるが、これで即効的に聞いて成績が上がることは考えにくい。

もし、きちんと医師に処方されてたとしたら、試合の前に処方されてる薬とかを申告するので、申告をしなかったということですよね。

多分、この薬はテープで貼って、肌に薬を溶け込ますホクナリンテープだと思うんです。即効性がなく24時間ぐらいで薬効がなくなり、体内から排出されるのかと思って、1週間ぐらい使わないで、申告しなかったのかな?
とりあえず、選手のミスなので処分は仕方ないと思うけど。


医師に処方されたので、関係はないと思うのですけど。ツロブテロールは、β2作用薬で平滑筋弛緩作用の他に、交感神経刺激作用と蛋白同化作用による筋組織量の増加する、らしく筋肉増強剤みたいにもなるらしい。
それで、中国の畜産家はこれを家畜に与えて肉をたくさんつけようとするらしい。それを食べた選手は、ドーピングに引っかかるらしい。これが目的なら自転車競技はやめたほうがいいかもしれんな。


自分も、全日本アマチュアの時にドーピングコントロールに指名されて、処分直前になりかけたことがあります。 あの頃、岩井商会の選手は自分一人で、指名後、30分以内にドーピングコントロールの部屋に行かなければならなかったんですけど、付添人が必要と言われて、探してるうちにギリギリになってしまったんです。試合で忙しくしてる選手にそんなこと頼めないよ。

遅れてたらドーピングしたことになったみたいです。 一人でもすぐ来てくださいと怒られました。 あの時一緒に来てくれたのは、5年後ぐらいに同じチーム員になった小渡さんだったかな。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © ちょっと良い事ありますように All Rights Reserved.