ちょっと良い事ありますように 乙が森

乙が森



大原にある鎮守の森的な乙が森。
大蛇が祀られています。

おつがという綺麗な女性がおられまして、京都に参っていた殿様に気に入られ、連れて行かれ幸せに暮らすも、病にかかり、殿様の思いもなくなり、郷に帰らされました。 おつがさんは、悲しみに淵に身を投げなくなりましたが、その身を大蛇に変えたそうです。そしてその殿様が通りかかった時に襲い掛かったのですが、家来に首を切られました。それから大雨などの災害が絶えないので、ここに大蛇の頭を祀られているそうです。

この話で、一番あかんのは殿様ですよね。大蛇に食われて、大蛇はこの森で石になりました、でええんでないかい?
まあこの馬鹿な行為を後世に残すために乙が森があるのかな?

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © ちょっと良い事ありますように All Rights Reserved.