ちょっと良い事ありますように ネタ

AIが人々の仕事を奪うと言われてる時に、俺みたいに無能な人が生き残るためにしなあかんことは?

今から、AIに投資することだと思うんだけど、なぜこれが話題にならないのかが不思議。 
本当にAIが普及すれば、患者に直接触れない医者は確実に排除されると思う。
大量のデーターを見て判断するのは確実にAIが優れるし、そちらの方が安いし。

これからAIは宗教にどれだけ組み込めるかだと思う。
と言うより、人々の心をどう癒せるか、楽に生きられるかが主題になれると思う。

今日は松茸やで、と騙される

123.jpg
今日は松茸、買ってきたでと言うので、中国産でも買ってきたかと思ったら、練りもんやないかい。

最近、ほぼカニとかほぼカキフライとかネタものを買ってたら、家内にも影響が。W

そんでもって、わさび醤油かそのまま食べるのかと思ってたら、鍋にぶち込まれていて、せっかくつけてた松茸の香りも何もなく、まったけの形した練り物になっていた。これなら普通にかまぼこでもいいんじゃない?W

次は、ほぼホタテを買うので、期待したい。

北大路ビブレ3階にニトリができるで

fc2blog_20171027194328c9d.jpeg
ビブレ3階にあった好日山荘の山屋さんが閉店して、次はニトリができるみたい。
はっきり言って、好日山荘に人あんまりおらんかったし。
実際に自分が買うものがなかった。唯一靴がいいのあったのだけど、価格が高いんだ。
やっと使える店舗が入ってきたかというが、ニトリの品質はあんまりかな〜と思ってるし、無印不良品の方がいいかな〜なんて。昔の無印良品は良くなかったが、今はいいのか?

その前が、確か十字屋?その前はスポーツ用品店かな。スポーツ用品店は結構便利だったんだけど。

fc2blog_201710271943312be.jpeg
こんな感じで、ほぼ完成してます。


もうクリスマスの商品か、早いですな。

fc2blog_201710271943314e4.jpeg

四階のエディオンの客の入りがそんなに良くないので、次はエディオンが撤退かなと思ってます。
高いけど、便利だしね、残って欲しい。

ほぼカニに続いてほぼカキフライを食す。

fc2blog_20171027170434a18.jpeg
牡蠣は家内が牡蠣アレルギーなので、ほぼ食卓には出ません。
でもカキフライは大好きなので、居酒屋に行くときは必ず食べるというぐらい好きなので、カキフライに挑戦です。
いやほぼカキフライに挑戦です。

かねてつのほぼシリーズだが、前回はほぼカニを食べてみて、意外といけたので、ほぼカキフライも行けるのでは?。
トースターで5分ばかり加熱して食べてみたのだが。

fc2blog_20171027170436d56.jpeg
ちょっと加熱が甘いのもあって、美味しいものではないかもと。

食感はかなりカキフライですが、やっぱりかまぼこ?という感じです。
味は、かなり牡蠣っぽいですが、カニのクオリチーには、負けてます。
ダメだなと、思ったが、実際に油で揚げたら美味しいかもと思ってます。
このままでは、ダメのような。

今度本当にこれを油で揚げてみます。

思わず涙が出てもた、胃カメラ篇

私もとうとう胃カメラを飲む歳になってしまいました。

結果的に、ピロリ菌由来の慢性胃炎だろうということで、生検で結果待ちなのだが、十中八九、慢性胃炎です。

始まりは、鉄不足による貧血を調べるために、男性は内臓の出血が多いので胃を調べましょうということで胃カメラを飲むことに。

まず、胃を膨らます液体を、看護婦さんからもらうが、この時、初めてというと、

看護師さん「頑張ってください。!」とのこと。

私「そんな頑張らなダメですか?」

看護師さんは、心配そうな感じで私を見て、この人なら大丈夫のかも見たいな表情。



検査の奥の部屋に入って、説明を聞くが唾は飲み込まず、口から垂れ流すこと、飲むと咳き込むので。
ゲップはしないこと、せっかく膨らんだ胃が小さくなってやり直しになるから、時間がかかるよと。

今日はお酒を飲まれる予定がありますか?と聞かれるが、予定はないけど飲むかもしれないというと、生検したら胃が傷つくので飲まないでねとのこと。

最近は光ファイバーの性能が良くなって、細くなってるよと聞いたが、直径1cmぐらいある管をみさされる。
これが胃の中に入るんだと何にも不安もなしに。

管に通りを良くするのか何かゼリーみたいなものを塗っているのを見ながら左を下に寝転がり口に、管を噛まないようにするマウスガードみたいなものをはめ、よだれ受けの皿を置いたら、淡々と作業が始まるのだが。

管を入れ始めは全く気付かず。
喉を通るあありが一番苦しいから、頑張ってと言われるが、嘔吐が止まらない。
あまりに嘔吐しまくって苦しそうなので、麻酔の看護師さんが肩をトントンと叩いてくれるが、苦しくてたまらん。

なんとか食道に達した時に、嘔吐反応が止まって、やっとモニターを見る余裕ができる、その時は気持ち悪いだけ。
モニターに映った臓器はなんか洞窟探索みたいで楽しそう。
自分の中にこんな面白そうなものがあるんだ、と思っていたが胃に到達する。

胃壁がすこく赤くなっていて、慢性胃炎らしく、多分ヘリコバクターがいる可能性が高いので、生検します。とのこと。

いろんな角度の写真を撮って、ここから十二指腸をとります。奥が深いのか、頑張って入れてはります。
モニターを見たかったが、先生の体で見えない、十二指腸見れない!こんなしんどいのに!と思いながら胃に戻ってくると。

生検、胃壁の細胞を取るみたいですけど、この時、胃壁には神経細胞はないと思うのだが、生検が始まると、また激しい嘔吐反応が始まって、今度は辛すぎて涙が出てくるんだが、もう出してるヨダレより涙のほうが多く出たと思う。
生検は二回するみたいで、針金見たいのを入れてるのがよくわかる。生検したところから血も出てる。これでは酒は飲めね〜なと思う余裕もなかったけど。

それで、ゆっくり管を抜いてくれたのだが、あまりに嘔吐反応しすぎたみたいで喉に違和感たっぷり。
撮ってくれた先生は、忙しいのかすぐにいなくなり、
麻酔の看護師さんが口とか拭いてくれて、撮る方も撮られる方も大変ですね、というと。
看護師さん、ううん、撮られる方が大変なの。と、よう頑張ったなという感じで言ってくれましたよ。

部屋から退く時に、胃を膨らます薬をくれた看護師さんにどうだった?と聞かれたんだが、屠殺される牛のようと答えたら、そんな恐ろしいと笑ってられました。W


あんまりやりたくないけど、必要なら二度目なんでなんとかなるのではと思ってるが、もうやりたくないのが本音である。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © ちょっと良い事ありますように All Rights Reserved.